だから私は選んだイオン銀行の住宅ローン

今までの企業活動において口コミがこれほど重要だった時代はあったのでしょうか?これもインターネットの普及によって、誰もが情報につながりやすくなったためと考えられます。しかしながら、その情報も沢山ありすぎて、何を信じたらいいか分からなくなっています。そのため、大切な情報が見過ごされ、大切でない情報が独り歩きしているという状況も見られます。

 

そして、それはどの業界にとっても同じことで金融機関といっても同じことです。金融機関の場合は、行員の態度や融資の内容、返済、金利といったいろいろなところが評価されています。そして、金融機関自体、銀行、証券、保険などの分野に分かれているためややこしくなっている現状があるのです。そのため、大切な口コミを確実に拾っていく必要があります。

 

それでは、イオン銀行の住宅ローンではどうなっているかというと、口コミとしては良い評価も悪い評価もあり、非常に分かりやすい状態になっています。良い評価の多くは、その商品力である、「金利の低さ」です。何十年も返済が続くことを考えると、金利の安さは絶対条件になります。その点、イオン銀行の住宅ローンは低く抑えられていると評価されています。しかしながら、審査の内容に不服を申す人もいます。それは例えば、リスク回避型の銀行であることや、行員の対応が悪いと言ったことです。ただし、店頭での対応は良いという評価があるため、近くにイオンがあるならば非常に使いやすい住宅ローンと言えます。

 

したがって、イオン銀行の住宅ローンは一度申し込みをしてみるのがいいです。ただし、イメージとしては審査が厳しいというイメージです。その代わりに審査が通れば易い金利で住宅ローンを組むことが出来ます。

 

低金利なイオン銀行住宅ローン

お金を借りる時には「金利」「金利の型」「限度額」の3点に注意する必要があります。
いくら金利が低くとも返済期間が長く設定されていれば支払う総額は大きくなってしまいます。
限度額が大きいからといって多く借りれば、利息の量もそれに伴い大きくなってしまいます。

 

住宅ローンを組む時も同じです。
せっかく大金を払ってマイホームを手に入れたとしてもローンの返済がうまくいかなくては手放すことにもなりかねません。
そうなっては家族がバラバラになってしまう可能性もありますし、たちまち不幸になってしまうかもしれません。
そんなことにならないように住宅ローンを借りる前にはしっかりと返済計画について練っておく必要があるのです。

 

金利の型について

金利には長期・短期という時間の軸と固定・変動と大きく分けると4パターンがあります。
そのほかに長期固定金利型であっても5年や10年のみ固定でその後は変動型に移動するパターンもあり、住宅ローンと行ってもその形態は様々です。
一般的には長期固定金利が有利であるとされています。
金利の大小だけを見ると変動型の住宅ローンの方が低めに設定されていることが多く、お得であるかのように感じてしまう人も多いのですが、変動型は将来の景気動向によってその値が上下するため、思ってもないような利息が付いてしまう可能性もあるので注意が必要です。
長期固定金利は変動型に比べると金利が高めに設定されていますが、その値は長期間変わらないので長期間の返済計画をきっちりと立てられるという利点があります。

 

さてイオン銀行の住宅ローンはどのような設定になっているのでしょう。
変動金利型では0.770%(2014年5月時点)、10年固定金利型1.250%となっています。
これは業界シェア上位のSBIネット銀行に比べても大分低めの金利設定となっています。

 

これから住宅を購入することを計画している人はイオン銀行の住宅ローンを利用してみてはどうでしょうか。
他行と比べても比較的低い金利で契約を結ぶことができます。
マイホームもきっと夢ではありませんよ。

「イオン銀行住宅ローン生活応援300」とは

さて住宅ローンの申請も終え、新居に入居するのもあと少しです。
早く建設が終わらないかな、と思う気持ちもわかりますが、次の段階に移りましょう。

 

次に購入しなければならないのが、新居におく家電や家具です。
引っ越しに伴い古い家具・家電を捨てて新しいものに変えると言う人も多いでしょうし、新しい間取りには合わないため新しく買い替えるという人もいることでしょう。
しかしこの時に問題になってくるのがその予算です。

 

住宅ローンの額をなるべく少なくするために頭金に貯金のほとんどを使ってしまったと言う人もいるのではないでしょうか。
そうなると家具家電を買うための予算がない、と頭を抱えている人もいるでしょう。

 

イオン銀行ではこういった住宅購入に伴う諸費用に用途を限定した「イオン銀行住宅ローン生活応援300」という金融商品を扱っています。
これは住宅を購入した際にかかる諸費用、つまり新しい家具や家電などを購入する費用を最高300万円、借り入れ期間最長35年でローンを組むことができます。

 

住宅ローンで借りたお金は住宅の購入費にしか使うことはできませんが、このローンは住宅購入にかかわる諸費用に対してのみ使用用途を限っています。
家を購入したけれど貯金を使い果たしてしまった、新しい家具をそろえたいのにお金がない、こういった人はこの「イオン銀行住宅ローン生活応援300」を利用して新生活を素晴らしいものに変えてみませんか?

 

ホーム RSS購読 サイトマップ