勤続年数がキーポイント?

新卒で今の会社に入社して、仕事も上々で、部下もできた。上司からの評価も高く、部下からも慕われている。そういった素敵な会社員の方は沢山いらっしゃると思います。そうした方がそろそろ次に期待することとしては、結婚、そして新築の購入といったことでしょうか。家を購入するにあたって気にすることとしては、その場所とかもそうですが、決まってお金をどう工面するのか、というのは課題になってくると思います。

 

一生懸命働いて家を購入するための資金をためるのか、それとも、すぐに欲しいから金融機関から借り入れを行うのか。これは重大な決断になると思います。そして、仮に住宅ローンを組むとしたら、どんなところで判断されるのだろうか。そういったことも気になると思います。金融機関ごとに異なると思いますが、住宅ローンで判断されるのは、現在の年収と最終支払いのときの年齢や国籍といったものです。また、年収は勤続年数によって判断される場合もあるみたいです。

 

そして、イオン銀行の住宅ローンの審査では「勤続年数」は扱われているのかというと、非常に寛容に扱われています。むしろ、どちらかというと他行では取り扱ってくれない状態であっても、イオン銀行の場合は「勤続年数」を考慮してくれています。そのため、他行で落ちてしまった方も、イオン銀行では審査に通るという場合があります。

 

したがって、住宅ローンをどこにするか迷っているのであれば、まずは、イオン銀行で住宅ローンの申し込みをしてみましょう。そして、夢のマイホームを手に入れましょう。他行では出来なかった、住宅ローンをイオン銀行であれば組むことが出来るかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ